にのへ宝さがし第98回

今日のにのへ宝探しは、二戸市堀野のプラム工芸をご紹介します。
プラム工芸は40年前にできたお店で、
「オノオレカンバ」の木工品が売られています。
この「オノオレカンバ」は日本で最も重い材木で斧が折れるくらい硬い木ということで
この名がつけられました。
本来は、木工品には向いていない木なのだそうで、
オノオレカンバから木工製品として完成するまでには、オノオレカンバならではの本当に多くの手間暇・苦労があるそうで、その一端を見せてもらいました。

番組の後半は二戸歴史民俗資料館館長の菅原孝平さんに
二戸の偉人、田中館秀三さんについてお話を伺いました。
にのへ宝さがし第98回